cata

グローカリンクには、様々な分野における事業化を支援するため、専門性の高いカタライザーが在籍しています。

大坂 吉伸 / Yoshinobu Osaka

代表取締役社長

慶應義塾大学大学院経営管理研究科を修了。三菱東京UFJ銀行に入社後、大企業営業、M&Aファイナンスなどを担当。出向した国際協力銀行(JBIC)では海外機関向け融資などを担当。2016年4月より東京大学生産技術研究所特任研究員、2016年8月より科学技術振興機構(JST)ACCELプログラムマネージャー、2016年12月より情報処理推進機構(IPA)プロジェクトマネージャーを兼任。

長谷川 和宏 / Kazuhiro Hasegawa

代表取締役

東京都立大学大学院工学研究科修了(工学修士)。ベンチャー企業の立ち上げ、事業化、拡大を経験。また、墨田区の町工場3500社を訪問し、多数の町工場ネットワークも有するなど、試作・量産化の支援なども実施。NEDO専門カタライザーなども務める。株式会社リバネス執行役員CKO、リアルテックファンド グロースマネージャーを兼務。

武田 隆太 /Ryuta Takeda

取締役

米国オハイオ州立大学にて、Ph.D.取得。産学連携やリーダーシップ育成研修事業などを国内外で推進してきた。アメリカ、イギリス、東南アジア全域のアクセラレータとのネットワークを構築。Leave a Nest America Inc. President、株式会社リバネス グローバルブリッジ研究所所長を兼務。

株式会社グローカリンク 黒木

黒木 豊 / Yutaka Kuroki

取締役

東京大学大学院 農学生命科学研究科 博士後期課程修了 2002年 博士(農学)たばこ研究開発職で入社後、研究技術員、専門研究員、開発研究員を経てR&D企画部、人事部、経営企画部へ。日本たばこ産業株式会社経営企画部次長兼務。

 中原 拓 / Taku Nakahara

取締役

長浜バイオ大学で助手・助教、北海道大学で特任助教として勤務後、米国のグライコミクス技術スタートアップでDirector Bioinformaticsとして勤務。2015年よりJT経営企画部で勤務。北海道大学より博士(理学)取得。Rutgers Business SchoolよりMBA取得。日本たばこ産業株式会社経営企画部課長兼務。

森安 康雄 /Yasuo Moriyasu

カタライザー

元ベネッセホールディングスEdTech Lab部長。ベネッセ在職中はほぼ一貫してデジタル教育事業開発関連業務に従事。近年は、スタートアップとのオープンイノベーションによるEdTech領域でのR&Dを推進。現在の関心領域はK12だけでなく生涯学習まで含めた21世紀の学びの実践と人材育成。東京理科大学大学院MOT専攻在学中(M1)。埼玉県戸田市教育委員会21世紀型スキル育成アドバイザー。

株式会社グローカリンク 津久井

津久井 秀 /Shu Tukui

カタライザー

2016年よりJT経営企画部で勤務。証券会社に新卒入社しデリバティブ組成業務を担当。しかしアカデミックへの思いが捨てきれず退職し、京都大学より博士(農学)取得。日本たばこ産業株式会社経営企画部課長代理兼務。

tanimoto1

谷本 忠駿/ Tadashi Tanimoto

カタライザー

慶應義塾大学大学院経営管理研究科MBA。2000年にリアルコム株式会社を創業し、代表取締役CEOに就任。2007年に東証マザーズに上場。その後同社を退職し、2013年にテネクス株式会社創業。代表取締役CEO就任。株式会社オリイ研究所の経営顧問として、資本政策、資金調達から開発マネジメント、営業・マーケティングまで全般的な支援を行う。また、一部上場企業キーエンスのスピンオフベンチャー、イプロスの新規事業企画プロジェクトマネジャーとして、「次世代型製造業」のビジョン・コンセプト及び戦略実行を主導する。

須田 仁之 / Kimiyuki Suda

カタライザー

株式会社イマジニア社長秘書、株式会社JSKYB(現 スカパーJSAT)経営企画を経て、1999年ソフトバンクグループ 経営企画・事業企画を担当し、子会社ブロードメディア社のIPO、YahooBB事業立上げを経験。2002年には株式会社アエリア取締役CFOに就任し、 IPOを実現。 2005年には子会社ゲームポットのIPOを達成する。2006年以降は、複数企業のM&A・投資(ゲーム、IT、金融)、上場企業TOBなどを経験。 2011年以降はエンジェル投資家・実務家として複数のベンチャー企業の役員・アクセラレータとして活動。